Cycling News

2018.07.12

【自転車競技(トラック・レース)大会】ジャパントラックカップⅠ・Ⅱが開催されました

 東京2020大会自転車競技(トラック・レース)会場である伊豆ベロドロームで、平成30年7月6日(金)~8日(日)にかけて、第5回寬仁親王記念ワールドグランプリ 国際自転車競技大会 2018 ジャパントラックカップⅠ・Ⅱが行なわれました。

 リオ2016大会メダリストの世界各国の選手や、リオ2016大会やワールドカップに出場している日本代表選手など18か国から約150人が参加し、世界トップレベルの戦いを繰り広げました。
 また、オリンピックの自転車競技(トラック・レース)の6種目のうち、スプリント、ケイリン、オムニアム、マディソンという4種類が行なわれました。

 自転車競技(トラック・レース)については、
こちらをご覧ください。

 伊豆市では、皆さんの笑顔を2020年に繋ぐ『デイ・カウンター』リレーや、七夕にちなんだ東京2020大会自転車競技(トラック・レース/マウンテンバイク)開催への想いを短冊に書いてもらうイベントを行ないました。

 また、会場内には、自転車を漕いでかき氷をつくるコーナーや、平成30年8月に伊豆市で開催される全国高等学校総合体育大会(インターハイ)自転車競技開催PRコーナーもありました。

伊豆市自転車まちづくり協議会
〒410-2413
静岡県伊豆市小立野24-1
電話:0558-72-9911
FAX:0558-72-9909

モバイルサイト