Cycling News

2020.01.29

『道路を安全にシェアする交通安全セミナー』が行なわれました

  令和2年1月28日(火)、キラメッセぬまづ(沼津市)にて、『道路を安全にシェアする交通安全セミナー』が行なわれました(主催:伊豆市も加盟する狩野川周辺サイクル事業推進協議会)。

 このセミナーは、車を運転するドライバーの視点から、サイクリスト(自転車)とドライバー(車)がともに快適に走行できるようにするために実施されたものです。

 タクシー/バス/トラック協会会員などが参加し、熱心に講師の話を聞いたり、体験したりしていました。

内容】

〇交通安全啓発(沼津警察署)

自転車に乗るときは、『自転車安全利用五則』を守りましょう!

①自転車は車道が原則、歩道は例外

②車道は左側を通行

③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

④安全ルールを守る(飲酒運転をしない、夜間はライトを点灯など)

⑤ヘルメットを着用

〇自転車と車の道路シェアに関して(田代恭崇(たしろやすたか)氏:アテネ2004大会自転車競技(ロード)日本代表)

道路を通行する自動車と自転車は、同じ道を走るものどうし。

お互いの通行方法や思いなどを理解し合いましょう!

〇体験会

・自転車走行体験

・自転車シミュレーター

・車からの死角の検証

参加者は、体験することでサイクリストの気持ちや、車を運転する際に注意すべきことを身を持って感じていました。

トラックの死角  自転車走行体験

伊豆市自転車まちづくり協議会
〒410-2413
静岡県伊豆市小立野24-1
電話:0558-72-9911
FAX:0558-72-9909